千葉教弘について

ごあいさつ

支部長 熱田 恒雄 日教弘千葉支部(通称:千葉教弘)は県内多くの教育関係者の努力により財団法人として1956年に創設され、その後平成24年に公益財団法人となり、今年で60年を迎える事ができました。この間多くの会員の皆様からご理解とご支援、そしてご協力を頂いており、今日まで成長できましたこともその賜と深く感謝申し上る次第です。
千葉教弘は「最終受益者は子どもたちである」ことを常に念頭に置き、子どもたちの教育振興と教職員の福祉向上のため、次のような事業を展開しています。県内教職員の皆様には引き続きご指導とご鞭撻を頂きますようお願いいたします。

千葉教弘の主な事業

(1)教育振興事業

  • 県内の全ての公立高校に通う生徒を対象に奨学金を給付し、大学生等に貸与しています。
  • 県内公立の幼稚園・認定こども園、小学校、中学校、高等学校、特別支援学校を対象に、220を超える学校(園)に学校研究助成を行っています。
  • 教育実践研究論文助成事業として、優秀な教育研究論文を表彰し、論文集を発行して県内緒学校に環流活動を行っています。
  • 特別支援学校への文化活動として、きょうこうコンサートを実施し、児童生徒に音楽と親しむ場を提供しています。

(2)福祉事業

  • 教弘保険加入者(教弘会員)のために、人間ドックの受診補助やディズニーリゾート®特別利用券の贈呈など様々な福祉事業を行っています。

(3)共済事業(提携保険事業)

  • 教職員のイラスト教職員だけが入れる生涯設計のための「教弘保険」

(4)損害保険事業

  • 様々な事故や災害への補償として、団体割引のある損害保険
  • 教育活動における事故や訴訟に備える「教弘まなびやスーパープラン」

千葉教弘は、これからも県内教職員の教育への篤い思いを頂いて、 教育の発展と教職員の安心生活のために努力して参ります。

公益財団法人 日本教育公務員弘済会について

加入者イラスト公益財団法人 日本教育公務員弘済会(以下、日教弘)は、教育振興事業を中心に、教育に携わる皆様方とご家族に対しての福祉事業の充実を進めてまいります。全国47都道府県に支部があり、現在、当会を支える私たちの仲間は全国で60万人に及んでいます。

加入者、日教弘、提携保険会社の関係図

千葉教弘の会員になるためには

日教弘の趣旨に賛同した方で、ユース教弘保険・新教弘保険(ジブラルタ生命)に10口以上ご加入されると「千葉教弘の会員」となり福祉事業の各種会員特典を受けることができます。 ※対象とならない保険種類もありますので、ご加入の際にお尋ねください。

沿革

沿革図

オリジナルキャラクター

笑顔のあいみィちゃんの履歴書