絆・事業案内 29年度版
7/32

研究助成事業教育振興事業教育研究や教育実践活動を支援教育実践研究論文募集要項1.募集対象◇研究論文は、「学校部門」「個人・グループ部門」の2部門とします。◇県内の小・中・高・特別支援学校・幼稚園・こども園及び教育研究機関に勤務する教職員とします。◇他の団体等より既に助成金を受領したもの、または原稿料等の報酬を得て執筆、発表したものは除きます。◇応募論文の版権が、当財団に帰属しても異議のないものに限ります。◆「個人・グループ部門」を受賞された際に納税の為、代表者の個人番号(マイナンバー)を提出していただきます。◆前年度の応募者は、部門を問わず応募できません。2.応募方法「応募申請書」をホームページよりダウンロード又は、教弘事務局へご連絡のうえ論文と一緒に提出してください。ホームページURL http://chibakyoko.jp5.募集期間 7月~11月10日(金)当日消印有効6.交付決定  各賞は教育実践研究論文審査委員会において1月中に決定します。4.賞(助成額)3.論文応募要項①研究主題 「学校の実態を踏まえ、明日の教育を考える」という立場から、具体的な研究主題を決めて論文をまとめてください。②用紙及び論文量 論文の作成は原則としてワード等を使用してください。指定の原稿用紙はありませんので、以下のとおり設定の上、提出してください。(ア・イともに必須)なお、電子データ(CD-ROM等)を併せて提出願います。(ア・イはそれぞれ別のファイルで作成してください)※ 千葉教弘のホームページ(http://chibakyoko.jp)から要旨・本文の様式例をダウンロードすることができます。ア要 旨様式は48字×43行×1段組×A4判1ページ横書きとします。所属校・役職・執筆者(学校部門は校長・グループ部門は代表者)の氏名・研究主題・副題・要旨をまとめてください。イ本 文様式は24字×43行×2段組×A4判4ページ横書きとします。本文の1ページ目には、研究主題・執筆者(学校部門は校長・グループ部門は代表者)を記載し、図表・写真等の資料を掲載する場合は、A4判1ページ程度以内の分量で4ページの中に収めてください。③論文の書き方ア論文は横書きとします。 イ文字は常用漢字、現代かなづかいを使用してください。ウ本文1ページ目の6行(段組み左右)を用い、以下のとおり印字してください。※ 学校部門の場合は、所属校及び校長(代表者)名                ※ 個人・グループ部門の場合は、所属校及び役職・氏名エ小見出しや文章の書き出しの前は、ひとマスあけてください。④図表・写真等の資料の留意事項 掲載する図表・写真等の資料は、A4判1ページ程度以内の分量に収め、本文の中に貼り付けまたはデジタルカメラ等で取り込んだものにしてください。※他の論文等にある図表・写真や長い文章を引用する際は、応募者が版権所有者・団体の引用許可を取得してください。◆上記と異なる様式・不備がある状態で応募した場合、審査の対象外となることがあります。◆なお、応募により提出いただいた論文は返却いたしませんのでご了承ください。最優秀賞(各1点)学校部門1万円の図書カード30万円20万円20万円10万円10万円5万円個人・グループ部門優秀賞(各2点)優良賞(各3点)奨励賞

元のページ  ../index.html#7

このブックを見る